今日の記事

記事

  • 子どもたちが見守る中、海に放流された子ガメ(提供写真) 地域の子どもも見守り 笠利町土浜海岸  奄美市笠利町平の土浜海岸で7日朝、アカウミガメの卵からかえった子ガメ120匹が海へ旅立った。近くに住む三腰次男さん(72)が […]

    続き

  • アマミノクロウサギ 日本でも発生事例 ただちに飼いウサギ・クロウサギに流行の危険なし  ウサギの間で流行し、致死率90%のウサギウイルス性出血病2型(兎出血病、RHDV2)が国内でも発生している。同型ウイルスを広げないた […]

    続き

  • 今年、希少種植物の盗採があった場所の状況を確認する関係者ら 大和村・宇検村林道 チラシ配る啓発活動も 環境省  環境省奄美国立公園管理事務所は8日、あまみ大島森林組合と希少種盗掘・盗採防止パトロールを行った。宇検村と大和 […]

    続き

  • 県内の被爆者504人、平均年齢は85・4歳 高齢化で年々減少 奄美市サイレンで黙とう呼び掛け  長崎は9日、第二次世界大戦で原爆が投下されてから75年目の「原爆の日」を迎える。厚生労働省によると、被爆者健康手帳を持つ全国 […]

    続き

  • 新型コロナ 与論感染1人増え計55人  県は7日、与論町で新型コロナウイルスの感染者が新たに1人確認されたと発表した。40代男性で、5~6日に感染が確認された40代と10代の女性の親族。男性は同町の与論徳洲会病院に勤務し […]

    続き

  • No Image

    与論1人病院関係者も「医療従事者ではない」  与論町で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したことを受け、県くらし保健福祉部長の地頭所恵氏は7日、記者会見を行った。 ―亡くなった人は新型コロナウイルスが直接 […]

    続き

  • 夏植え目標面積150㌶の達成を誓い合った天城町の関係者=7日、同町防災センター敷地「さとうきびの碑」前 各町で出発式 「頑張ろう」三唱で気勢  【徳之島】徳之島3町の各糖業振興会主催の「サトウキビ夏植え出発式」は7月31 […]

    続き

  • 大島学区全校で1倍下回る 最高は大島の0・90倍  県教委は7日、中学3年生を対象にした進路希望調査の結果(7月10日現在)を発表した。県内の国立中学および公立中学校計214校の3年生1万4168人(前年度比365人減) […]

    続き

  • アンケートの集計に取り組む新聞部員ら 完成した「大高ジャーナル」を手にした新聞部員ら 危機の中でも前向きさ 社会問題を自分のこととしてとらええる  県立大島高校の新聞部(玉城優衣部長、顧問・池之上博秋教諭、部員14人)は […]

    続き

  • 奄美大島5市町村が作成した「島旅のしおり」 奄美大島5市町村 帰省客らに呼びかけ 来島2週間前から感染対策を  奄美大島の5市町村は、夏休みやお盆のシーズンを迎え、島外からの来島者の増加が予想されることから、帰省や旅行に […]

    続き