奄美新聞社ホームページ

大島高校から『英検1級、準1級』合格

大島高校から『英検1級、準1級』合格

モタラ君と新田さん
(写真)合格したモタラ君(左)と新田さん

 奄美市名瀬の大島高校(屋村優一郎校長、生徒786人)の生徒2人がこのほど、英検1級と準1級にそれぞれ合格した。同校英語科によると、同校で両級の合格者が出るのは初めて。同校では他の生徒のモチベーションが高まることを期待している。

 合格したのは2年生のモタラ・遊・ハムザ君(1級)と新田紗紀さん(準1級)の2人。1級の高校生受験者は全国で889人、うち131人が合格。県内では49人中8人が合格しており、小学生から社会人まで受験者全体(9444人受験)の合格率は9.6%だった。
 モタラ君は昨年度末に1次試験をクリアしていたが、大学受験シーズンでホテルが取れなかったため、今年度に入って2次試験に挑戦。「1次と2次の間を使って、ALTと面接練習をしてきた。合格できて本当にうれしい。次は世界で使われているTOEFLにも挑戦したい」と話した。

 新田さんは昨年度に続き2度目の挑戦を経て合格。準1級の受験者全体(2万5723人)の合格率は14.9%で、県内では233人中19人が合格した。
 「6カ月前から計画を立てて勉強してきた。手ごたえはあったので、合格を知った時は本当にうれしかった」と新田さん。「将来は法学部に進みたいと考えているので、将来に役立てることができれば」と笑顔を見せた。

1年生の頃に2人の教科担当を務めた久保めぐみ教諭は「本人の努力のたまもの。他の生徒にもいい刺激になったと思う」と語った。2人は、11月にも鹿児島市内で開かれる英語のディベート大会(高校英語研究会主催)にチームの一員として出場する。

コメント



認証コード2916

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional