奄美新聞社ホームページ

春の路端に彩り

春の路端に彩り

画像の説明

希少な絶滅危惧種

アマミナツトウダイ

 奄美大島北部の山中にある林道沿いに奄美の固有種「アマミナツトウダイ」=写真=が黄色い花を咲かせている。緑の中に咲く鮮やかな黄色の花が、春の路端に彩りを与えている。撮影者の西康範さんによると、「絶滅が危惧されており、奄美でも限られた地域でしか確認されていない」という。

 林縁や道端に生えるトウダイグサ科の多年性草本。オオスミナツトウダイに似るが4倍体である点が異なり、草丈は40~60㌢。葉は三角状の卵型で葉先は丸く、下部では互生し、上部では向かい合って生える。花期は4~5月で、上部で対生する葉の間から花柄を伸ばし、雌花1個、雄花数個の杯状花序をつける。葉や茎を傷つけると出る白乳液は有毒。

 環境省によると、自生地が限られ株数が減少傾向にあることから、同省のレッドデータブックでは「絶滅危惧ⅠA種」に指定されている。

コメント



認証コード8935

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional