奄美新聞社ホームページ

もっとクロスinあまみ

もっとクロスinあまみ

画像の説明

5月5日文化センターで

 日本赤十字社の活動を、住民により知ってもらおうと、日本赤十字社県支部奄美市地区は来月5日、「もっとクロスinあまみ2013」を奄美市名瀬の奄美文化センター大ホールで開催する。同市社協の保裕之さんと、山下博之さんが17日、奄美新聞社でイベントを告知した=写真=。

 イベントは毎年5月に全国一斉に実施される「赤十字運動月間」にあわせ、市民に日本赤十字社への理解を深めてもらうとともに、災害時に役立つ知識・技能を習得してもらうことが目的。開催は県内でも初めてという。

 時間は午後2時~同4時。

 日赤の事業説明(DVD視聴)の後、日赤鹿児島県支部の砂原加津代さん、矢野宏一さんが講師を務め、▽非常用炊出し▽風呂敷を使ったリュック作成▽毛布を使ったバスローブ・タンカ作り▽ふれあいマッサージ―など、万一の時に役立つ、災害時生活支援講習を行う。

 保さんは「日赤のことを皆さんによく知ってもらうことを目的としているが、災害時生活支援講習も楽しく、盛り上がる内容。知っているのと、知らないのでは災害時に差が出るので、ぜひ参加してほしい」と呼びかけた。

 入場無料。講習で使う風呂敷2枚を持参する。

コメント



認証コード5921

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional