奄美新聞社ホームページ

奄美新聞旗9人制バレー

奄美新聞旗9人制バレー

奄美新聞旗バレー
女子決勝下方戦、奄美・里の相手ブロックの間を抜くスパイク

下方(男子)・奄美(女子)が初優勝飾る

男女ともフルセットの末勝利

 第7回奄美新聞社旗争奪奄美地区対抗9人制バレーボール大会が30日、奄美市の笠利町の太陽が丘運動公園体育館であった。男子は下方が3連覇を目指す上方にフルセットの末勝利し初優勝。女子は奄美が連覇のかかった下方を大接戦の末破り、初優勝を飾った。

 大会は同市8地区に分かれ、男女各2パートのリンクトーナメントで覇を競った。序盤から、予選突破をかけ拮抗したカードが続き、白熱した試合が展開された。
 男子決勝は、上方―下方。第1セットは昨年に続く連覇を目指す上方がサービスエースも数本決めるなど先取。次セット、下方は重点的にサイドのオープン攻撃で反撃し奪取。その勢いのまま、上方の粘りも退けて、初優勝を決めた。

 女子のカードは、2連覇を狙う下方が、初優勝をかけた奄美を迎えた。下方が安定した攻撃で第1セットを取ったが、2セット目の流れは逆に。点差を広げて、奄美が取り返した。最終セット、序盤からシーソーゲームが続く。昨年覇者の意地を見せ、デュースまで持ち込んだ下方だったが、最後は奄美・里保奈美が渾身のスパイクを決め勝利した。

 大会結果は次の通り。
【男子】▽予選パートA 下方2―0古見方、金久2―0住用、古見方2―1住用、金久2―0下方▽同B 笠利2―0奄美、上方2―0伊津部、笠利2―0上方、奄美2―1伊津部▽準決勝 上方2(22―24、21―16、21―18)1金久、下方2(21―12、21―15)0笠利
 ▽決勝 下方2(16―21、21―15、21―15)1上方
 ▽最優秀選手 20歳代=福原剛 30歳代=牧浩一郎 40歳代=荒田明寿 50歳代=浜口広一
 【女子】▽予選パートA 下方2―0住用、
奄美2―0古見方、奄美2―0住用、下方2―0古見方▽同B 上方2―0伊津部、笠利2―1金久、上方2―0金久、笠利2―0伊津部▽準決勝 奄美2(14―21、21―16、21―14)1笠利、下方2(21―15、21―14)0上方
 ▽決勝 奄美2(12―21、21―12、23―21)下方
 ▽最優秀選手 20代=里保奈美 30代=臼山房代 40代=濱田由紀子 50代=牧之瀬ひとみ

コメント



認証コード0209

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional