奄美新聞社ホームページ

直売所「うけん市場」

直売所「うけん市場」

うけん市場
宇検村内のお年寄りの生きがい作りに役立っている村農林水産直売所「うけん市場」

利用者2万人超も

生きがい作り貢献

 宇検村湯湾の村農林水産直売所「うけん市場」が、村内のお年寄りの生きがい作りに役立っている。登録者が持ち込んだ農林水産物を販売する直売所だが、昨年は村内外から2万人以上が利用するなど開所以来、好調を維持。農家のお年寄りなどの生産意欲向上につながっている。

 うけん市場は2011年10月、村が県の森林環境税事業を活用して開所。もらい手のいない農作物などの販売場所を提供しようと作った。同村観光物産協会が運営する。

 販売する農林水産物の値段は自分で決められる仕組みだ。売り上げの10%が販売手数料として取られ、市場の運営費に充てられる。登録者は当初、7人だったが、昨年末は200人を超えたという。

 販売品の値札には生産者の名前や住んでいる地名などを記載し、生産者を明らかにする販売方法を取っている。多くの登録者は近場に住んでいることから、気軽に立ち寄ることができ、販売品を持ち込んだり、売れ行きをチェックしたりするという。

 同村須古の農業、辰島咲子さん(81)は「販売だけでなく、訪れた際のおしゃべりも楽しい。他の地域からも買いにきてくれるのはありがたい」と話す。

 同村建設経済課は「気軽に販売できたり、市場に出にくい農林産物が販売されたりするといったメリットがある。今は福祉面の意義も意識して運営がされている」と話す。

コメント



認証コード0747

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional