奄美新聞社ホームページ

マンガ講座生徒作品展

マンガ講座生徒作品展

マンガ講座作品展
26日から行われている「マンガ講座生徒作品展」

瀬戸内町でスタート

自分の趣味に胸張って

 奄美図書館自主講座と瀬戸内町公民館講座の合同作品展「マンガ講座生徒作品展」が26日から同図書館で始まっている。同講座で子ども達が表現した漫画やイラスト約40点が展示され、自由に鑑賞することができる。

 同講座は漫画が好きながら友人と趣味が合わず、学校で馴染めずにいる子ども達に趣味の喜びを共有する場を提供する目的で、漫画家の経歴を持つ福島憲一郎さん(55)が2013年に瀬戸内町で始めたもの。14年には同図書館の自主講座として活動もはじめ、新年度からは奄美の公民館講座として開催が決まっているという。

 会場では奄美・瀬戸内の小中学生31人の作品を展示。CGや手書きで4コマ漫画やイラストなど様々な形で表現を行い、中には10ページほどの短編漫画も展示されている。

 開催に関して福島さんは「奄美の中で娯楽としての漫画の地位は低く、それに引け目を感じている子どももいる。こういった公開の場を設けて共通の趣味を持つ子ども達が自分の趣味に胸を張ってもらいたい。いつか奄美から有名な漫画家が出てくれるとうれしい」と話した。

 作品展は4月16日まで開催予定。問い合わせは福島さん(電話)090―3064―3158まで。

コメント



認証コード1828

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional