奄美新聞社ホームページ

障がい者支援へ新建物

障がい者支援へ新建物

150330夢来夢来オープン (1)
接客と工房、それぞれ新しい制服でオープンを迎える

150330夢来夢来オープン (2)
営業開始に向けて最終仕上げ=30日=

「夢来夢来」4月1日営業開始 オープンフェアも

 奄美市名瀬小浜町の障がい福祉サービス事業所「夢来夢来=むくむく=」(社会福祉法人三環舎・向井扶美理事長)が4月1日に営業を開始する。4日と5日にはオープンフェアも開催。焼き立てパンを中心に島料理弁当などの提供も予定している。

 同事業所は障がい者の自立支援が目的。同市名瀬西仲勝の障がい福祉サービス事業所「あしたば園」で取り組むパン製造部門を丸ごと新施設に移動し、パン工房や店舗に加え喫茶コーナーを新設。また、指定特定相談支援事業所「晴ればれ」も併設されている。

 昨年10月に工事がスタートしてから約6カ月、待ち望んだ営業がスタートする。向井理事長によると3月21日には、利用者とその家族に向けた建物見学会を行い、新しい建物に張り切る利用者の姿もあったという。

 夢来夢来では従来のパンに加え新作やレアシュガー(希少糖)を使った新作スイーツも販売。喫茶部門では挽き立てのコーヒーも楽しめるという。向井理事長は「新店舗では売上を伸ばして利用者の自立に結び付けたいので、利用者と職員が力を合わせてがんばりたい」と語る。

 定休日は日曜、祝日のみで、午前9時から午後6時半まで営業。同施設内には厨房もあり、いずれは給食センターとしての利用も計画している。

 4日と5日のオープンフェア(午前10時~午後5時)では、建物見学会も実施。「かごしま木づかい推進事業」を活用し、スギやリュウキュウマツを使用した木造建築となっており、向井理事長は「2階部分は利用者の休憩所なので普通は入ることのできない場所。この機会にぜひ見学して、完成した施設を見てほしい」と語った。

 問い合わせは「夢来夢来」℡0997‐69‐3005まで。

コメント



認証コード7918

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional