奄美新聞社ホームページ

城南海さんインタビュー

城南海さんインタビュー

トロフィー前城南海写真3
「THEカラオケ★バトル(テレビ東京系)」で獲得した数々のトロフィーの前で輝く笑顔を見せる城南海さん=ポニーキャニオン提供

咲かせます〝月下美人〟を

奄美の風と愛情で…

 その伸びやかで、人を包み込むような歌声はたちまち聴く人をとりこにする。奄美生まれの〝きゅらむん〟城南海さんだ。あどけない少女がオーディションのステージに立って、10年が過ぎた。奄美の大自然と、島の人たちの愛情に育まれた彼女は、瞳に映る全てのものから力を得て学生生活を続けながら歌手の道を歩んだ。やがてテレビ東京「THEカラオケ★バトル」で10冠に輝くなど、実績を残しながら奇跡の声と笑顔で人々を魅了し続けている。4枚目のオリジナルアルバム「月下美人」を携え、晩秋から師走の日本列島を駆け巡る城さんに、新年を迎える胸のうちを伺った。

 四季に応じたツアーも開催、日本各地を精力的に動き回った2016年。満足のいく年となったようだ。

 「新しいチャレンジがたくさんあった年。目標にしていた季節ごとのツアーもできました。特に奄美での『ウタアシビ2016秋』は、とても思い出深いものとなりましたね。初のファンクラブツアーも行い、参加者たちと『ならびや』でウタアシビしたり、奄美を堪能してもらえました。夏はミュージカルにも初挑戦。とにかく動き回った一年、そんな印象があります。点数を付けたら、98・569。「THEカラオケ★バトル」では決勝戦に進めます(笑い)。これまで番組では?曲歌わせてもらい、平均?点ですから、きっとお正月のころは、さまざまな部分を補えて100点満点でしょう(笑い)。『THEカラオケ★バトル』が縁となって、(宮本)亜門さんの『狸御殿』へ出演させてもらえたのは、大きな収穫でした。3カ月間みんなで一緒にいて職人さんやいろんなプロの方々との現場は楽しかったなあ。白木蓮という大役もいただき、あちこちで〝良かったね〟と声を掛けてもらったのは、うれしかったですね。生のステージで1カ月間毎日本番というのはありませんから、体も壊せないし、責任感も必要。いい勉強をさせてもらいました」

 名演出家に〝神から与えられた声、国を超えてほしい〟とまで言わせた、才能は初のミュージカルを経てさらに開花。大きな果実ももたらすことに

 「ええ舞台を終えてすぐにレコーディング。そのせいか、亜門さんが指導された自然を感じる、景色が見える演技というのが、そのまま歌にも反映されている部分があります。和をテーマにしたアルバム『月下美人』を11月16日にリリースしましたが、その中にある『晩秋』には、今までの私にはなかった力強さが出ています。その力強さの源になったのはどっしりとした低音の響き、愛を武器に相手を諭す白木蓮に通じるものがあるのです。何事にも動じない魂と何でも包み込む母性愛でしょうか。10年はとても早かったです。高校時代にスカウトされて、その後上京して大学に通わせていただきながらライブ、レコーディングなど活動。常に人と関わっている立場なので、自分の意見をしっかりと伝えていくことが大事だと知らされて、それなりに大人になりました。音楽をやっていなければ会えない人たちに色んな所で共演させてもらい、とても大きな経験をしましたね。みなさん音楽に対して真剣に向き合っている、だからこそ長く支持されるんです。そんな姿にも影響されて、成長できたかな(笑い)と」 

 今回のアルバムには自ら作詞作曲に携わった2曲が収録されている。そのうちの『七草の詩』は、彼女の母方の祖母を想う詩が独学で修得したグイン(こぶし)との旋律を構成、奄美の風景を感じられる。

 「ストーリー性のある、ポップであったり、母性のほかに力強かったり、新たな城南海を感じられるアルバムとなっています。『七草の詩』は、徳之島に住んでいた祖母を想った歌。2012年11月16日のライブのために作った曲なので、家のベランダから月を眺めているときにメロディーが先に、その後、詩をつけました。実はその曲を披露する直前に祖母が亡くなってしまったのですが、同じ11月16日にアルバムが出たのは、偶然。とても不思議でしょう」
 
 大好きだった祖母への思慕にあふれる詩には、秋の七草がちりばめられている。〝思い草は咲き乱れて月明かりを浴び薄はのびゆく〟。詩の中で、女郎花(おみなえし)のみが『思い草』と別称で表現され、作詩の才能と高さを感じさせる。
 
 「それは、思い草の方がメロディーに乗せやすく、祖母を〝想う〟ということがより伝わるかなと思ったから。祖母は月にいるイメージです。海の上に月が浮かんでいて、その月に祖母がいます」

 島を離れて長く暮らすうち、改めて感じる奄美が城さんの中にも存在するらしい。

 「私の中に奄美があり、そしてシマ唄が根底にあるのは変わりません。あと、声が大きい(笑い)とよく言われます。きっと大自然の中で生活したからでしょう。島人(しまんちゅ)って、大声の人多くないですか? 東京で仕事をしていてあらためて知ったこともあります。古仁屋出身の人が東京の仕事をやめてまで、地元に青年団をするため帰るように、熱い人たちがいっぱいいるのです。昨年はお正月に帰れたけれど、今年はどうでしょうか。ほぼ仕事でしか戻れないけれど、帰ったら父が作るエビやカニのスープを食べたいな。私も島を盛り上げられるようライブでもっと奄美の風を吹かせるつもりです」

 あの徳光和夫さんに〝MCの才能がある〟と言わしめた城さんのステージさばきは見事だ。とにかく面白いし、良く笑う。テレビ画面から伝わるものとは違った姿に出会える。可能なら魅力的な姿を見つけにライブへ足を運ぶことをお薦めしたい。その演出される世界には、一夜限りの花や彼岸花、秋の七草が揺れている。奄美の風と、彼女の愛と情熱で…。
    (高田賢一)

城南海 ライブ1
「力強さに奄美のグインも採り入れ、新たな城南海を披露した『ウタアシビ2016冬』」

城南海 プロフィール

コメント

  • 同じ思い

    城南海の真髄を紐解くような内容にただ引き込まれて読ませていただきました。私が感じている城南海を一つ一つ確認できるような言葉の連なりが嬉しくて仕方ありませんでした。本当に素敵な記事をありがっさまりょーた。これからも、城南海を宜しくお願いします🙇


  • 奄美を世界に伝える歌姫

    心に響くインタビュー記事、ありがとうございました。
    奄美の音楽、言葉、文化などを伝えていくには様々な道があると思います。
    城南海さんの場合は、様々なタイプの曲を魅力的に表現することで、様々な人が其々ある曲をきっかけに彼女の歌声に魅せられてファンになり、その後、出身である奄美のいろいろなことに興味をもっていくことが多いと思います。
    東京近辺に住む私の場合もそうでした。最初に魅せられた彼女の歌声は、奄美民謡でも奄美の雰囲気を感じる曲でもありません。しかし、その後、彼女が作詞作曲した奄美語の楽曲や彼女の歌うシマ唄に興味が広がりました。今では奄美の文化、歴史、自然にまで興味が尽きません。黒糖焼酎や料理はもちろんです。
    今後も城南海さんは様々な曲を歌っていくでしょう。そして、日本のみならず、世界にファンが増えていき、それに比例して奄美に興味を持つ人々も増えていくことでしょう。
    彼女には、奄美出身であることを誇りに思い奄美に恩返ししたいという強く変わらない信念を感じます。
    来年予定の世界自然遺産登録と並んで、きっと奄美を世界に伝える役割を担ってくれると思います。


  • 月の女神さま

    歌手として上京し、10年の歳月。
    奄美の天才少女も、はや日本のポップス界をしょって立つような
    大きな存在へと脱皮しかけているのかもしれませんね。

    亜門さんや徳光さんなどその分野のプロが、南海さんの歌と声にほれこむ理由は
    とても共感できるのですが、それはどこまでもつややかで透明感にあふれ
    なおかつ深い「さび」のある声。
    今、日本の歌手のだれももっていないワン・アンド・オンリー、
    月の女神の声であり、前世と来世をつなぐ歌の魅力なのだと思います。

    2017年は、さらに活動領域を広げ、奄美、日本を超え、
    世界へと「城南海の世界」が広がっていくような予感がします。

    ファンクラブの会などでごく身近にその笑顔に接することのできた
    存在が、少し離れてしまうようで寂しくもあるのですが。
    月の光は高い空からでも、すべての人をやさしく包んでくれるでしょう。


  • 前途洋洋

    人間は常に安らぎをもとめている。それは、洋の東西を問わず未来永劫・万古不易のものである。奄美大島の魅力はまだまだ知られていないが、今の自然が守られ続けるならば、これからの交通手段の益々の発達と情報伝達のグローバル化によって観光客のみならず移住者も増加するであろう。これは、歌手・城南海のこれまでの歩みに図らずも相似している。彼女の歌声・容姿をも含めた魅力は、それに気づいた者から虜にして離さないのである。ファンはただ静かに見守っていればいいのである。そう、彼女を慈しむ両親のようにただ温かくその日を待てば良いのである。彼女が世界的な名声を得るその日まで。


  • 城 南海についての覚え書き

    城 南海は、「パンダ」である。
    ーよく食べ、いつも笑っているがごとく目じりが下がっており、そしてみんなから愛されている。

    城 南海は、「プロ」である。
    ー自分が懸けていることにおいて、できる努力はすべてやり尽くす。
    (それ以外は、どよんとしている、らしい。)

    城 南海は、「ガンコ」である。
    ー自らの信念を貫く、覚悟をもっている。
    (と同時に、あらゆる感情をその胸に含みおく、周囲への深い愛情と度量の大きさをもっている。)

    この「ガンコ」で、「プロ」な、良く笑う「パンダ」は、きっと世界を獲りにゆく。
    ーそして私たちファンは彼女のことを語るとき、なぜか皆、詩人になる。
    (各々の心の中の良き部分が、彼女の唄や彼女自身の魅力によって、引き出されるからだろうか。)

    ps. 奄美が早く世界遺産になったらいいよね、みなみちゃん。




認証コード2866

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional