奄美新聞社ホームページ

生涯学習の新拠点

生涯学習の新拠点

天城町生涯学習講座など閉講式
生涯学習の拠点ともなる町防災センター(昨年12月完成)であった合同閉講式=29日、天城町

町防災センターで合同閉講式

天城町

 【徳之島】天城町の2016年度生涯学習講座・女性学級・高齢者学級合同閉講式(町教育委員会主催)が29日、旧中央公民館敷地にこのほど完成し生涯学習拠点ともなる町防災センターであった。老若男女の各種講座受講生たちが学習の成果を舞台発表や作品展示で披露し合った。

 16年度は毛筆や生け花、絵画、陶芸、各種舞踊・ダンスなど中央公民館教室(17講座)に270人、自治公民館教室(5講座)に79人の計349人。自主活動グループ(13教室)には192人。教養・生きがいなどを育む中央女性学級と高齢者学級(年7回実施)には各30人が受講登録して取り組んだ。

 中央公民館教室は同館施設の解体撤去に伴い、旧保健センター施設に「生涯学習推進室」を仮設して進めた。待望の新拠点の〝仮供用〟となった合同閉講式には受講生ら関係者約200人が参加した。

 春利正教育長は式辞で「防災センターを活用して新たな生涯学習活動を推進。これまで以上に仲間を増やして友情と絆を育み学習の楽しさを深めて欲しい」。大久町長(代読)や講師代表・谷口源太郎さん(コーラス)のあいさつに続き、女性学級代表の藤井真奈美さんと高齢者学級同の米元捷昭さんが交流を通じた学びの成果と継続への意欲を紹介。

 受講生を代表、書道教室に学んだ須川さらちゃん(岡前小1年生)が「字がきれいになりたくて習字をはじめました。きれいに書けたときはとてもうれしかった」とお礼のことばを述べ、拍手を浴びた。

 舞台発表は、50代~93歳のコーラス教室受講生らの「上を向いて歩こう」で開演。舞踊やダンス、島唄三味線など14組が出演した。ロビーでは書画や短歌、生け花、川柳、陶芸、絵画など作品の成果も披露した。

コメント



認証コード1574

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional