奄美新聞社ホームページ

おはら祭ビッグフェス

おはら祭ビッグフェス

城さん熱唱
「月と月」「アカツキ」を熱唱する、城南海さん
徳永ゆうきさん
「帰ろう我が家へ」「津軽の風」を歌い上げる、徳永ゆうきさん
司会進行
初めてのコンビとは思えないほど、息の合った司会進行をした徳永ゆうきさんと城南海さん

奄美PRも盛り込む

城さん徳永さん、司会・出演で活躍

 【東京】渋谷区の国立オリンピック記念青少年センターで13日、「第20回渋谷・鹿児島おはら祭ビッグフェスティバル」が、奄美出身の城南海さん、両親が奄美出身の徳永ゆうきさんの司会、出演でにぎやかに開催された。約600人の観客は、本番での再会を誓い合っていた。

 区切りの20回となる「おはら祭」を盛り上げるために、鹿児島県出身歌手と踊り連による「歌って踊りまショー」と銘打たれたフェスティバル。第一部は、各踊り連の踊りと鹿児島出身者によるカラオケ。第二部は、鹿児島県出身の歌手による歌謡ショー。

 大きな拍手に迎えられた城さんと徳永さんは、堂々の進行ぶり。城さんが「高杉良さんは、世界自然遺産の屋久島出身。奄美ももうすぐ世界遺産です」と紹介すれば、徳永さんは「隼人出身の桜井はやとさん。JR九州の特急はやとの風は・・・」などと得意の鉄道ネタ(物まね)などで出演者を紹介。

 二人は初めてのコンビだが、共に「観客の心をつかむMC(司会進行)の素質がある」(関係者)との定評通り。奄美の情報を交えて、笑いもたっぷりのやりとりをした。だが、出演者となると一転、圧倒的な歌唱力を披露。徳永さんは「帰ろう我が家へ」「津軽の風」を熱唱、城さんは「月と月」「アカツキ」を歌い上げた。

 また、出演者や観客にこの日の感想をインタビューするなど大活躍。出演者はほかに、前田瑠美さん(出水出身)、鶴丸和大さん(国分出身)、加納吾朗さん(いちき串木野出身)ら。また、大河ドラマ「篤姫」の曲などで知られる、鹿児島市出身の作曲・編曲家の吉俣良さんと歌手によるトークも。

 フェスティバルは初の試み。同祭実行委員会総務委員会委員長の木瀬博人さん(湧水町出身)は、「20回ということで企画されました。これを機に、またできればいいですね」と手応えを語っていた。本番は前夜祭を経て、21日に開催される。

コメント

  • はやとの風

    徳永さんが車掌のもの真似をした「はやとの風」は実在の列車で、徳永さんがまだ乗った事がないと言ってましたが。


  • おはら祭に、奄美の風!

    鹿児島県のいろいろな地域からの出演者がたくさんいらっしゃっる中で、奄美出身・ゆかりが深いのは城南海さんと徳永ゆうきさんのお二人だけのようでしたが、奄美の風をたくさん感じました。

    お二人のコンビを観るのは、昨年の城さんのライブで徳永さんがゲストとして参加された時以来2回目ですが、ほっこりしたやりとりで、いつも癒されます。

    21日の本祭も楽しみです。




認証コード3310

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional