奄美新聞社ホームページ

高校就職対策会議

高校就職対策会議

大島地区高校就職対策
2017年度大島地区高校就職対策会議が開かれた

採用予定事業所割合は上昇

名瀬職安 管内対象にアンケート、景況感改善

宿泊・飲食業など増加か

 名瀬公共職業安定所(里村秀一郎所長)は13日、2017年度大島地区高校就職対策会議を、奄美市名瀬の合同庁舎で開いた。2017年3月卒業者についての職業紹介状況(17年3月末現在)は、求人数計94人(41事業所から、前年同月79人)、求人倍率3・03倍(同2・72倍)でともに前年を上回った。また、今年度について、管内事業者を対象に行ったアンケート結果では、採用を予定する事業者割合は上昇、景況感についての印象も改善が見られた。

 会議には、管内高校の進路指導、奄美市、鹿児島障害者職業能力開発校などの担当者、今年4月から運営開始した、あまみ若者サポートステーションなどの相談支援者ら18人が出席した。

 同所・里村所長は「(各関係機関が発表している情報によると)県内の景気は緩やかに回復傾向にある。今後についても、多くの企業からの求人など売り手市場になるものと推測している。16年度管内卒業生の就職内定率は97・7%(前年比1・3?減)。決まっていない人も含め、全員の就職に向けた支援を今後も実施していきたい」などとあいさつした。

 管内、今春の高卒者の就職状況(3月末現在)は、900人の卒業者のうち、172人が就職を希望、このうち168人が内定。内定率は県内93・2%、県外99・2%、管内が90・3%(求職者31人・内定者28人)だった。

 今年度の新規学校卒業予定者の採用見込みなどについて、現在までに管内事業者を対象に行ったアンケート(315社に依頼し138社が回答)によると、合計85人の採用予定。昨年度の調査数に比べ、漁業や宿泊業・飲食サービスで大幅な増加が見られた。また、回答した全事業者の中で「採用予定あり」と回答した割合は全体の33%(前年18%)と増加が見られた。

コメント



認証コード7077

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional