奄美新聞社ホームページ

大山の樹木を知る

大山の樹木を知る

0817大山のみどり探検に行こう
木の名前が書かれたプレートを取り付ける児童=知名町大山=

名前プレート取り付け 地元の子ども達と散策

知名町瀬利覚ファングル塾

 【沖永良部】島の樹木を学ぶイベント「大山のみどり探検に行こう」(知名町瀬利覚ファングル塾主催)が17日、同町大山(標高245㍍)の遊歩道であった。参加した地元児童16人は、講師から山に生えている樹木について説明を受けた後、木の名前が書かれたプレートを丁寧に取り付けた。

 島の植物を学び、自然の大切さについて考えてもらおうと開催。日程は17、18日の2日間で、同塾のメンバーが児童を引率、講師は同町の文化財保護審議委員の新納忠人さんが務めた。

 今回、約1㌔ある大山遊歩道のうち、200㍍ほどを1時間かけて散策。新納さんは「フカノキは手のひらのように葉っぱが広がる」「ホルトノキは季節を問わず、年中紅葉する」などと説明し、子ども達は幹を触ったり、葉の匂いをかいだりしながら木の特徴を確かめた。

 イベントでは、大山で確認されている38種類の樹木の名前と方言名が入ったプレートを準備。同日は、20種類の木にプレートを取り付けた。

 知名小学校4年の宮西亜紀さん(9)は「いろいろな樹木があった。名前も覚えたし、楽しかった。シークワーサーの葉は、とても良い香りがした」と話した。 

コメント

  • 自然、植物と仲良し

    記事を見て、本当にびっくり。うれしさのあまりコメントしています。

    昆虫採集と植物に興味があり、勤務の関係で、沖縄、奄美、石垣島等の自然の中でハイキング採集・写真撮影、自然観察会に参加し、今でも奄美の龍郷町の県立森林植物園等で木のラベルが大いに参考になりました。
     現在でも、各地の森林植物園での草木のラベルは散策、ハイキングの楽しみを倍増させてくれています。どうか、今後は沖永良部においても、老若男女が自然を楽しみ、健康維持のためにも活動が充実することを願っています。

     小生も、いつの日か採集、保管している昆虫標本の展示、また、沖永良部の植物、自然の中で皆様と一緒にしばらく過ごせたらと夢ばかり見ています。

    沖永良部が懐かしいですね。よろしくお願いします。
              﨑山健二 沖永良部知名町住吉出身 (在神戸)
     




認証コード6076

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional