奄美新聞社ホームページ

民謡民舞少年少女全国大会

民謡民舞少年少女全国大会

千田真帆さん
小学1~3年の部で奄美勢最高の5位に輝いた千田真帆さん(今年5月の民謡民舞少年少女奄美連合大会で)
「むちゃ加那」熱唱
「むちゃ加那」を熱唱する宮村祐花さんと、伴奏をする峰岡歩嬉さん
徳之島トリオ
(左から)峰岡歩嬉さん、宮村祐花さん、永田心花さんの〝徳之島トリオ〟
辻竜生さん
「塩道長浜」を堂々と唄う辻竜生さん
辻竜生さんと姉の美里さん
入賞した喜びで、記念写真に収まる辻竜生さんと姉の美里さん

千田真帆さん5位に輝く

奄美勢は5人が入賞

 【東京】小中学生の民謡日本一を競う「2017年度民謡民舞少年少女全国大会」(文化庁ほか後援、日本民謡協会主催)が19、20日の2日間にわたって、品川区総合区民会館・きゅりあんで開催された。全国から集った精鋭たちに交じり、コンクールに奄美勢11人が出場。千田真帆さんが、小学1~3年の部で見事5位に輝いたほか、5人が入賞した。

 今回全国各地の予選を勝ち抜き、民謡コンクールに出場したのは、小学1~3年の部56組(入賞は18位まで)、小学4~6年生の部78組(同26位まで)、中学生の部63組(同20位まで)。

 今回、奄美からの出場者の中で最高位は、「ヨイスラ節」を唄った千田真帆さん(山ゆり会)だった。ほかは「緊張してしまいました」(且琴音さん・あやまる会)、「何回来ても東京の人の多さに圧倒されます。緊張しました」(永田心花さん・奄美芸能徳之島)。練習の成果を発揮できず悔しさをのぞかせるコメントも聞かれた。

 そんな中、入賞(優秀賞を獲得)したのは、小学4~6年の部の峰岡歩嬉さん(徳之島民研)。昨年初出場で3位の力を証明した。ほかに、朝岡歩紀花さん(山ゆり会)、萩原かほさん(あやまる会)が入賞。一方、「コンクール民謡中学生の部」では、宮村祐花さん(徳之島民研)、辻竜生さん(あやまる会)が入賞した。宮村さんは、昨年準優勝の意地を見せた。

 また、小さな体ながら堂々と「塩道長浜」を披露した辻竜生さんは、「前回小学校の部で出場して何ももらえなかったけれど、今回はうまく唄えました」と笑顔をのぞかせた。小学校1年の頃から一緒に民謡教室に通っている姉の美里さん(大島高校)から、祝福を受けていた。

 5位が最高位だった奄美勢だったが、レベルが高い奄美の大会を勝ち抜いてきた才能は本物。シマ唄の世界観を堂々と表現、会場に〝島風〟を吹かせてくれた。「大島紬、そして独特の歌声で奄美の風が吹いていましたね」。そう語る観覧者の言葉が印象的だった。

コメント

  • 出場者写真

    二日目の日曜日の様子を奄美出身者の写真アルバムです。出場された方の記念に成るならお渡ししたいですが、ここに投稿してもご利用できないかもしれませんが一応ご報告いたします。

    https://goo.gl/photos/eSC2iwEHmwQWamFQA




認証コード7015

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional