奄美新聞社ホームページ

東京龍郷会総会・懇親会

東京龍郷会総会・懇親会

【東京】「第116期 東京龍郷会総会・懇親会」が3日、中央区神田の日本教育会館で、約180人の元気な参加者を集めて盛大に行われた。

 第一部は、里村徳寛幹事長の司会で総会がスタート。郷土遙拝などに続いてあいさつに立った新島栄勝会長は、「大過なく会長職を終えることができたのは、みなさんのおかげ」と無事に任期を全うしたことを報告。さらに「奄美にさまざまな追い風が吹いている今、これまでと同様に奄美のため、会の発展のために協力してもらいたい」。自らも製作に関わった会のシンボル「東京龍郷会旗」を背に、そう呼び掛けた。

 来賓紹介の後、隈元和範龍郷町副町長が登壇。「東京龍郷会の故郷に対するさまざまな協力に感謝する。今後も引き続きお願いしたい」などと語った。ほかに、窪田圭喜龍郷町議会議長、森眞一東京奄美会会長が来賓の言葉を述べた。なお、新会長には大野春義さんが就任することになった。

 第二部は、懇親会・演芸。顧問の福田順之さん(中勝)の唄・田辺博文さんの三線で、「長朝花節」で開幕。竿田美也子さんが、のびやかに「与論島慕情」などを披露、牧岡奈美さんが「嘉徳ナベ加那節」などをあでやかに熱唱。八月踊り同好会は、「北大島八月踊り」でチームワークの良さを発揮した。また、徳永ゆうきさんは、得意の鉄道の物まねを交えながら、「津軽の風」などを堂々と歌い上げた。さらに竿田さん、牧岡さんとのデュエットで、大きな拍手を浴びていた。

会長あいさつ
任期を終了し、お礼の言葉を述べる新島会長
副町長あいさつ
「今後も故郷を応援して」と協力をお願いした隈元副町長
乾杯
高らかに乾杯の音頭をとる大江顧問
福田さん田辺さんの朝花節
福田顧問の唄と田辺さんの三線で幕開け
デュエット
少々照れながらデュエットを披露する、徳永ゆうきさんと竿田美也子さん
徳永ゆうきさん
各テーブルを回りながら、曲を歌い上げる、徳永ゆうきさん
牧岡奈美さん
牧岡奈美さんのシマ唄に踊り始める参加者たち

配山実さんの自費出版紹介

 一方、75歳以上の32人に新島会長が各テーブルを回って、敬老の祝い金と共に言葉を掛けていた。その中の一人、配山実さん(大勝)は、先ごろ『芭蕉と子規 子規啖呵に芭蕉驚愕』を自費出版。乾杯の音頭をとった大江修三顧問や司会者にも紹介された配山さんは「記紀・万葉&聖書発掘中」と名刺に記されるほど、その道の専門家。『縄文の巫女の 道』など著書も出している。「正岡子規が松尾芭蕉をけなしているのを発見、芭蕉に成り代わって子規をやっつけてやろうと思った」ことが今回の出版のきっかけだとか。林礼子さん(瀬留)のフラダンスなどで、ますます盛り上がる余興に目を細めながら、「奄美の方言は古代文化遺産です。さらに探求していきますよ」と、意欲を口にしていた。

配山さん
著書を手に「奄美の方言をもっと探求していきます」と語る配山さん

コメント



認証コード3161

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional