奄美新聞社ホームページ

東京与論会総会

東京与論会総会

東京与論会①
天皇・皇后両陛下の訪問について話す、山元宗与論町長
東京与論会②
ユーモアたっぷりに、与論方言でのラジオ体操に興じる出席者
東京与論会③
力強くも華やかな、ゆんぬエイサー集団によるエイサー演舞

両陛下の訪問報告

「与論を全国に宣伝できた」

敬老会、ミニ講話会も

 【東京】「第95期(2017年度)東京与論会総会・敬老懇親会」が19日、千代田区一ツ橋の日本教育会館で会員、来賓、会友合わせて約180人の参加者を集めて開催された。総会のほか、ミニ講話、敬老懇親会、余興など盛りだくさんの内容。盛会にみな満足そうに笑顔を見せていた。

 郷土遙拝などに続いてあいさつに立った、竹内英健会長は「東京与論会会長を(役員改選により)退任させていただく。会の末永い発展を祈念するとともに、皆様の長年にわたるご支援、ご協力に感謝したい」と4期8年務めてきた会長職を全うしたことを発表。満足げにお礼の言葉を述べた。

 なお新会長には山下清男美さんが就任、前田文男幹事長は再任された。来賓として山元宗与論町長が登壇。「畜産や観光業などの産業にいい兆しが出始めている」と町勢報告がなされたほか、先頃天皇・皇后両陛下が与論島を訪問された際に同行したことに触れ「両陛下に与論十五夜踊りをご覧いただくなど、島を挙げてこの上ない歓迎をさせていただき、与論島を全国に宣伝できた」と感慨深げに語った。

 また、「陛下がとても元気なのに驚いた。バスの中で立ち上がられ町民にあいさつされるので、侍従の方が『どうかお座りください』と慌てていた」などとエピソードを語ると、参加者は熱心に聞き入っていた。ほかに与論島と交流のある、東十条小学校の福田猛校長らが来賓のあいさつを行った。

 続いて、年金評論家・柴田友都=ゆういち=さんが「年金発掘」を演題にミニ講話。敬老懇親会では、入来武久さんらが「与論献捧=けんぽう=」を披露した。余興は、舞弦鼓(ゆんぬエイサー集団)による、エイサー演舞でスタートした。

 寿里さんと東京与論会女性部が「与論島慕情」など歌と踊りで舞台を飾れば、東京与論会青年部は「与論高校応援合戦」を再現。ほか、新極真会を代表する格闘家・入来建武さんの戦績報告なども。おはら節、渋谷音頭で一体となった会場は、与論音頭~カチャーシーでフィナーレとなった。

同じフロアで「関東トカラ会」開催

東京与論会④
トカラはひとつと語る、関西トカラふるさと会・平田光則会長(左)。右端は、トカラ列島に縁があるという、関東徳之島町会の重久正光さん
東京与論会⑤
故郷の言葉を交わしビンゴ大会などで盛り上がる、関東トカラ会

 一方、同じフロアでは、ほぼ同じ時刻で「2017年度関東トカラ会(愛甲茂会長)」が開催された。奄美とも縁の深い地域だけに、与論会と同会を行き来する人もちらほら。集まったのは約60人。活動報告などの第1部に続いて、ビンゴ、カラオケ大会、踊りなどを堪能していた。

 平田光則関西トカラ会会長によれば、08年に〝トカラはひとつ、思いはひとつ〟のスローガンのもと、鹿児島にトカラ会が立ち上がり「翌年11月に関東、関西にトカラ会の支部が発足し、現在3支部で約500人の規模」だという。

 隣の会場から飛び入りしてきた、甘味けんじさんの坊主漫談を楽しむ参加者たちを見ながら、愛甲会長も「奄美の各会のように回を重ね、この会が故郷の ために役に立てればいいですね」と、思いを語っていた。

コメント

  • 関東トカラ会

    関東地方に住む鹿児島県十島村に縁ある方々の集う会が設立されてから、今年で4回目の総会・懇親会を東京都の日本教育会館で開催いたしました。
    同じフロアの別会場では東京与論会が開催されており、取材中の奄美新聞社の高田記者さんに取材を受けました。私達の古里の島々、十島村はトカラ列島に連なる事から会の名称を関東トカラ会といたしました。関東に住む多くの方々は「トカラ列島」をご存知無いので、これからもトカラや奄美の、魅力を広める活動に取り組んでまいります。




認証コード9618

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional