奄美新聞社ホームページ

高千穂神社初詣の準備着々

高千穂神社初詣の準備着々

【写真説明】高千穂神社は、初詣の参拝客を迎える準備に追われた
初詣準備高千穂神社

参拝客1万人以上見込む

 あす31日は大晦日。今年も残り2日となったが、正月3が日は毎年多くの参拝客でにぎわう奄美市名瀬の高千穂神社では、初詣の参拝客を迎える準備が着々と進んでいる。

 同神社ではこれまでに、松くい虫被害による枯れ松の伐採、境内や参道の清掃、電飾の設営、巫女への説明会などの準備作業を終え、30日午前は、受付所前のテントの設営などに追われた。

 年内の神事は31日午後3時ごろから「大祓=おおはら=え」を予定。

 初詣は元旦の午前0時、境内の太鼓の音とともに始まる。

 御守・御札授与、祈願受付は午前9時から正午、午後1時から同5時までとなっている。

 宮司の黒木正和さんによると、同神社には正月3が日の間、毎年約1万2千~3千人ほどの参拝客が訪れるという。

 同神社は「駐車場に限りがあり、毎年、周辺の道路が車で混雑するため、できる限り公共交通機関を利用して来てほしい」と呼びかけている。

コメント



認証コード0699

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional